COLUMN

コラム

  • HOME
  • コラム
  • 広報/マーケティング担当・小泉由美の1日に密着!

kizukiについて

2024/1/11 (木)

広報/マーケティング担当・小泉由美の1日に密着!

 

こんにちは、<Kizuki>の広報・小泉です。<Kizuki>は「100年後も資産価値が続く家」を目指しています。
では、お客さまが希望される家を建てるために、<Kizuki>スタッフは、普段どんなことをしているのか、気になりませんか。

そこで、<Kizuki>スタッフの1日に密着するシリーズ。今回は広報/マーケティング担当である私、小泉由美の1日をお届けします。

<Kizuki>スタッフの紹介はこちら。
https://kizuki-home.co.jp/staff/

~広報/マーケティング担当・小泉由美のとある一日~

■9:00 出社

出社後、問い合わせメールチェック及び返信で私の仕事が始まります。お問い合わせに対する返信は、なるべくお待たせをしないよう心掛けています。

 

■10:00 竣工現場へ移動

この日は、間もなくお客さまに引き渡しされるお宅でステージング及び撮影でした。より素敵な空間に仕上がるよう、小物を並べては写真に撮り確認し、試行錯誤を重ねています。

■13:00 昼食

■14:00 帰社

帰社した後は、竣工物件の動画編集とInstagramの投稿。動画編集においては、家の雰囲気に合う音楽を選ぶようにしています。

■16:00 現場見学会準備/案内作成/広告内容チェック

現場見学会や完成見学会が近づくと、これらの準備が始まります。見学会の運営は広報の中でも重要な仕事です。<Kizuki>の家づくりを皆さまにご覧いただく貴重な機会なので、全力で運営いたします。

■17:00 退社

広報/マーケティング担当の一日をご紹介いたしましたが、いかがでしたか。工務店や住宅会社において、広報/マーケティング担当が在籍するのは珍しいのではないでしょうか。

もう毎日が挑戦の日々です。そして、<Kizuki>は様々なことにチャレンジできる環境下にもあります。ぜひ、皆さんもKizukiスタッフの一員として働いてみませんか。

次回の「Kizukiスタッフの一日」もお楽しみに。

メールフォームからの
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

045-931-2801

月〜土 8:00~17:00

断熱・気密・耐震・制振など現時点で提供できる最高クラスの性能を実現

断熱・気密・耐震など
現時点で提供できる最高クラス
の性能を実現

100年後も資産価値が続く家を目指すため、今の基準で家を建てるのではなく、30年先に求められる基準で設計を行なっています。例えば、断熱等級7、耐震等級3、耐風等級2など現時点で提供できる最高クラスの性能を実現。もちろん数字だけにこだわるのではなく、お客さまが快適に暮らせること、その快適さが持続するために必要な性能を逆算して家を建てています。

その中でもKizukiは、空調を使わずとも冬の室温を18℃に保てる家にすることを一番大切にしています。寒い家だと快適性が損なわれるだけでなく、エネルギーを大量に消費し、光熱費がかさんでしまいます。日本の冬の平均的な室温が約10℃の中、Kizukiでは持続可能な家を実現するために、たとえ日射量が少ない場所でも最適・最高の温度となるように設計いたします。

確かな性能

マンションの修繕計画のようなメンテナンス計画で長期的な費用を抑える

マンションの修繕計画のような
メンテナンス計画で
長期的な費用を抑える

Kizukiではただ高性能な家を建てるだけでなく、「どのタイミングでどのようなメンテナンスが必要になる」のかを考慮したメンテナンス計画を建築前に行なっています。不意に高額なメンテナンス費が発生するのではなく、細かくメンテナンスを実施することで長期的なコスト(ライフサイクルコスト)を抑えます。

家を建てる際に使う部材には本来耐用年数があります。しかし、事前にそれらが考慮されることはありません。Kizukiの家は部材の耐用年数をきちんと定め、交換しやすいように設計・施工するため、いざ交換という場合に大掛かりな工事や費用が発生することを防ぎます。

続く資産価値